風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 2021/04/30

News 01

4都府県に緊急事態宣言 3回目

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が4月25日、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に発令された。期間は5月11日まで。宣言発令は2020年4月、21年1月に次いで3回目。各都府県では、酒類を提供する飲食店や、百貨店などの大型商業施設に休業を要請し、社会生活の維持に必要なものを除いてイベントは原則無観客とする。国内では26日、新型コロナウイルスによる死者が1万人を超えた。感染力の強い変異株への置き換わりが急速に進んで感染拡大に歯止めがかからず、医療提供体制は逼迫した状態が続いている。

News 02

衆参3選挙 自民敗北

菅義偉首相は4月26日、自民党が議席を得られなかった衆参両院の3選挙の結果について「国民の審判を謙虚に受け止め、さらに分析したうえで正すべき点はしっかり正したい」と述べた。与野党対決となった25日投開票の参院長野選挙区補欠選挙、参院広島選挙区の再選挙は自民党候補がいずれも敗れた。候補擁立を見送った衆院北海道2区補選を含め1議席も得られなかった。これに対し立憲民主党の枝野幸男代表は「時代錯誤の金権政治をいいかげんにしてほしいという有権者の思いの表れだ」と指摘した。3勝につながった野党共闘を推進するとともに、政権批判を強める。

News 03

ワクチン接種 世界で10億回突破 

新型コロナウイルスのワクチンの接種回数が4月25日までに世界全体で10億回を超えたことが、英オックスフォード大の研究者らが運営するデータベースで分かった。このうち米国が最多で約2億2500万回、中国が約2億2000万回、英国が約4500万回で、日本は約250万回にとどまり主要7ヵ国のなかでは最も少ない。感染が急拡大するインドは約1億3800万回と累計接種回数では米中に次ぐ水準だったが、全人口のうち少なくとも1回目の接種を受けた人の割合は8%台にとどまる。米ブルームバーグ通信は、1日当たり計1850万回接種されており、このペースだと全世界の75%の接種が完了するまで1年7ヵ月かかると伝えた。

News 04

公選法条文ミス 法制局長が謝罪

参院議院運営委員会は4月26日の理事会で、一部の罰則が存在しない状態だった公選法の条文ミスを参院法制局が2年以上放置していた問題を巡り、川崎政司局長から経緯を聴取した。条文ミスは、自民党が参院の定数6増を強行した改正により発生。2018年の公選法改正では、規定の追加と繰り下げに伴う罰則の手直しがなされず、条文にずれが生じた。21日には地方公務員の定年を65歳に段階的に引き上げる地方公務員法改正案の条文の表記に誤りがあったことが判明。政府が国会に提出した法案にミスが相次いで見つかっている。
関連する新書

政策の現場で何が起こっているのか

News 05

石油採掘停止検討 カリフォルニア州

米カリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は4月23日、石油などの採掘手法であるフラッキング(水圧破砕法)の新規認可を2024年までに禁止すると発表した。さらに2045年までの石油採掘の全面停止に向け、具体策の検討を始めるよう担当機関に指示。同州は、2045年までに州全体での温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」を目指している他、2035年までに内燃機関の新車販売を禁止すると決定している。

News 06

iPS血小板、治験開始へ 実用化目指す

iPS細胞から血小板の成分を作り出し患者に投与する治療法の治験の計画について、京都市のベンチャー企業「メガカリオン」は4月26日、医療機関での審査を経たうえで、今年秋にも治験を始めると発表した。iPS細胞から作製した血小板を投与し「血小板減少症」という病気の治療を目指す。現在使われている血小板製剤は献血でまかなわれ、採血日から4日以内に使うよう定められている。新たな製剤が開発できれば安定供給の道が開ける。

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて