風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 18/06/15

News 01

米朝首脳 史上初会談

トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は6月12日、シンガポールでの史上初の米朝首脳会談を終え、「シンガポール共同声明」に署名した。正恩氏は「朝鮮半島の完全非核化」を約束。トランプ氏は「北朝鮮の安全を確約」して事実上の体制保証をするとし、記者会見で米韓合同軍事演習中止の意向を表明した。適切な時期の訪朝に意欲を表し、正恩氏をホワイトハウスに招待する考えも示した。両首脳は関係改善に強い意欲を表明。朝鮮半島に残る冷戦構造の終焉につながる可能性があり、北東アジアの国際秩序は重大な転換点を迎えた。

News 02

ILO 職場のハラスメント禁止に踏み出す

国際労働機関(ILO)総会は6月8日、職場でのセクハラを含むハラスメントをなくすため、拘束力を持つ条約を制定すべきだとした委員会報告を採択した。報告はあらゆる形態の暴力とハラスメント禁止を明記。世界各地で性被害を告発する「#Me Too」(「私も」の意)運動が広がる中、国際社会は職場でのセクハラ全面禁止に踏み出す。ILOは今後、条約の具体的な内容を協議し、来年の総会でハラスメント対策として初の国際基準となる条約制定を目指す。また社会規範の異なる各国の事情に合わせ、実効性を担保するため勧告も作成し、条約を補完する。

News 03

無人移動サービス 全国100ヵ所で

政府の未来投資会議は6月4日、新たな成長戦略の素案を示した。自動運転技術の高度化を急ぎ、東京五輪が開かれる2020年をめどに無人自動運転による移動サービスを公道で始め、30年までに全国100ヵ所で展開する計画を掲げた。人工知能(AI)を活用できる人材の育成、行政手続きの電子化も推進し生産性の底上げを目指す。成長戦略案は、AIやビッグデータなど次世代技術が世界で急速に普及する一方、日本はスピードが遅いと指摘。「新たな国際競争の大きな潮流で埋没しかねない」と危機感を示した。無人の移動サービスは地域を限定、バスやタクシーなどを遠隔操作で走らせる形を想定した。

News 04

原作者が差別的ツイート アニメ化中止

若者に人気のライトノベルを原作に10月から放送予定だったアニメ「二度目の人生を異世界で」の製作委員会は6月6日、制作と放送を中止すると発表した。原作者が過去にツイッターで中国や韓国に対する差別的発言を繰り返していたことなどがネット上で問題視され、本人が謝罪していた。原作者のまいんさんは5日、ツイッターで過去の自身の発言について「多くの方に非常に不快な思いをさせてしまう、不適切な表現がありました」とわび、原作の一部の表現が「不快感を与える文章となってしまっている」とも認めていた。6日にはアニメの主要キャスト4人が作品からの降板を表明していた。

News 05

仮想通貨の採掘禁止 アップルiPhone

米アップルが、スマートフォン「iPhone」などを使って、仮想通貨の獲得手段の一つである「マイニング(採掘)」を行うことを禁止したことが6月11日、分かった。マイニングは大量の電力を消費し、スマホの電池の消耗を早めることが理由とみられる。アップルが同日までに、同社製端末のアプリ開発者向け指針を改定した。指針では「アプリは、そこに表示される広告も含め、アプリと関係のない処理を行ってはいけない」とした。具体例として「仮想通貨のマイニング」を挙げた。マイニングは膨大な計算が必要なため、多数のコンピューターを使って行われる。

News 06

2016年急逝 米歌手プリンス新譜発売

2016年に急逝した米人気歌手プリンスさんの新アルバムが9月21日に発売されることが決まった。遺産管理団体のプリンス・エステートなどが、プリンスさんの60回目の誕生日に当たる6月7日に発表した。プリンスさんは生前、膨大な作品を録音しながら発表しなかったことで知られ、未発表作品が今後も公表される見通し。来年にも人気ラッパー、ジェイ・Zさんが所有するストリーミングサービスが別の新アルバム配信を計画している。今年9月からはプリンスさんのヒット曲などをオーケストラやバンドで演奏するコンサート・ツアーも欧米で予定されており、人気は根強い。
関連する新書

天才音楽家による“紫の革命”

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて