風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 17/11/30

News 01

政府 森友関連音声データ認める

財務省の太田充理財局長は11月28日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」の国有地売却問題を巡り、近畿財務局の担当者と森友側が売買契約を結ぶ前の昨年5月、価格協議をしていたとうかがわせる音声データの存在を認めた。森友学園に特例を重ねたことも明らかにした。安倍晋三首相は過去の答弁を検証し、国有財産売却に関する手続きの見直しを進める考えを示した。首相は「会計検査院の報告を受け、各省で対応する」と強調した。立憲民主党の川内博史氏が音声データの存在を確認したのに対し、太田氏は「先方(森友側)が一方的に録音した。昨年5月半ばごろのものだ」と明かした。
関連する新書

「財務省支配」の実態

News 02

慰安婦像受け入れ サンフランシスコ市

米サンフランシスコ市のリー市長は11月22日、旧日本軍の慰安婦問題を象徴する少女像の設置を受け入れる文書に署名した。市議会が14日、民間からの像の寄贈を受け入れる決議を採択していた。大阪市の吉村洋文市長はリー氏に対し、市議会決議を拒否しなければサンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消すると文書などで申し入れ。日本政府も「極めて遺憾だ」(安倍晋三首相)と決議拒否を求めていた。リー氏は今回、像受け入れを明確に示し、両市の姉妹都市関係の解消が決定的となった。少女像は地元の民間団体がサンフランシスコ市に寄贈。

News 03

天皇退位 2019年4月30日有力

天皇陛下の退位日を2019年4月30日とし、皇太子さまが翌5月1日に新天皇として即位、改元する案が政府内で有力となった。政府関係者が11月22日、明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、退位日決定の前提となる皇室会議を12月1日午前9時に宮内庁で開くと正式に発表した。陛下が19年3月31日に退位し、皇太子さまが4月1日に即位する案もあり、政府は皇室会議での意見を踏まえて最終決定する。皇室会議は、議長を務める首相が招集し、衆参両院の正副議長や最高裁長官、皇族、宮内庁長官ら計10人で構成される。

News 04

英ヘンリー王子 米女優と婚約

英王室は11月27日、チャールズ皇太子の次男ヘンリー王子が、米女優メーガン・マークルさんと婚約したと発表した。ヘンリー王子は同日午後、ロンドンのケンジントン宮殿でマークルさんと手をつないで写真撮影に応じ、「とても幸せ」と記者団に話した。挙式は来春に行われる。王子とマークルさんは昨年から交際。マークルさんは父親が白人で、母親がアフリカ系米国人。米ロサンゼルス出身で2011年から米人気ドラマ「SUITS」に出演し、人気を集めた。11年に映画プロデューサーと結婚したが、13年に離婚している。二人の交際が明らかになった昨年後半、マークルさんの家系や私生活を巡って、英大衆紙などで報道が過熱。ヘンリー王子は異例の声明文を出してメディアを批判した。

News 05

中高生の読解力懸念 国立情報学研究所

主語と述語の関係といった「係り受け」など、文章の基本的な構造を理解できていない中高生が多くいるとみられることが、国立情報学研究所の新井紀子教授らの研究チームによる調査で11月27日までに分かった。新井教授は「読解力が不十分だと社会生活を送る上でも大きな影響が出る」と懸念している。調査は2016年4月~17年7月、中高生を中心とした約2万5000人を対象に実施。中高生の教科書や辞典、新聞記事などに掲載された文章を題材に特別な知識がなくても、基礎的な文法を踏まえていれば答えられるようにした問題を出した。

News 06

ミニストップ 成人雑誌販売中止

コンビニ大手「ミニストップ」の藤本明裕社長と、千葉市の熊谷俊人市長は11月21日、市役所で記者会見し、12月1日から千葉市内の全43店で成人向け雑誌の販売を中止し、来年1月1日からは全国約2200店に拡大すると明らかにした。藤本社長は「子連れでの入店をためらうという声は以前からあった。社会インフラであるコンビニの使命として、誰でも安心して使える店づくりをする」と説明。熊谷市長が、2020年東京五輪・パラリンピックなどを踏まえ、「現状(のコンビニでの販売方法)は国際的な感覚に照らして疑問を持たれかねない」と対策に取り組む意向を示したのがきっかけという。

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて