風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 2023/01/15

News 01

日銀の国債購入 1日で4.6兆円

日銀は1月12日、市場から4兆6144億円の国債を買い入れた。日銀が大規模な金融緩和策をさらに修正するとの憶測により国債を売る圧力が強まったことに対応。金利上昇を抑え込むために過去最大の買い入れを行ったが、13日の債券市場では長期金利が0.53%に上昇。日銀による長短金利操作政策の許容変動幅の上限0.50%を超えた。

News 02

バイデン氏 機密文書問題で本格捜査

米国のバイデン大統領が副大統領だった時の機密文書が、私的なオフィスとデラウェア州ウィルミントンの私邸から見つかっていたことが分かった。バイデン氏の弁護士らによると昨年11月、ワシントンにあるオフィスを閉鎖しようとしたところ複数の政府文書を施錠されたクローゼットの中から発見したという。発見された10点の機密文書は2013~16年に作成され、ウクライナやイラン、英国などに関する情報や説明資料が含まれていた。2024年大統領選での再選出馬に意欲を示すバイデン氏にとって打撃となる。

News 03

東京都 第2子の保育料無償化へ

東京都は1月12日、都内に住む全世帯を対象に、2023年10月から0~2歳の第2子の保育料を完全無償化する方針を明らかにした。また将来の出産に備えて健康な女性が卵子凍結をする際の一部費用を助成する制度も始める。23年度当初予算案の少子化、子育て関連施策は総額約1兆6000億円に上る。少子化対策として、2人目以降の子どもを持ちやすくなるよう、国の助成制度を補完する形で独自支援を拡充する。

News 04

コロナワクチン突然死 一時金支給へ

厚労省の疾病・障害認定審査会は1月12日、新型コロナワクチンの接種後に急性循環不全で亡くなった36歳の男性や突然死した66歳の男性など男女5人について、ワクチン接種後の死亡の救済対象に認定し、死亡一時金を支給することを決めた。新型コロナワクチン接種後の死亡一時金が認定されたのは、これで20人となった。

News 05

ヘンリー英王子自伝 初日に140万部

ヘンリー英王子の自叙伝『Spare(原題)』が1月10日に発売され、英語版の初日の売り上げが英、米、カナダの3ヵ国で140万部にのぼったことがわかった。王子は、妻メーガン妃をめぐって兄のウィリアム皇太子と口論した際に「襲われた」とする主張や初体験、薬物摂取などについて赤裸々につづっている。出版元の米ペンギン・ランダムハウスは、ノンフィクション作品として過去最高の売り上げだとし、すでに増刷を決めた。

News 06

ギタリスト ジェフ・ベックさん死去 

世界三大ギタリストと称される英ギタリスト、ジェフ・ベックさんが1月10日、死去した。78歳だった。ジェフ・ベックさんは、エリック・クラプトンさん、ジミー・ペイジさんとともに世界三大ギタリストとされ、ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニーさんら数多くのミュージシャンに影響を与えた。1944年、ロンドン郊外のウォリントン生まれ。クラプトンさんが65年に脱退したバンド、ヤードバーズに加入。その後はソロでも活躍した。

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて