風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 2021/11/30

News 01

コロナ 南アフリカで新たな変異株

南アフリカの国立伝染病研究所などは11月25日、南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたと発表した。これまでの変異株と比べ、遺伝子に多くの変異が生じているのが特徴という。「オミクロン」と名付けられた新変異株は、欧州では26日に初めてベルギーで感染が明らかになり、チェコで同株とみられる症例を確認。オランダでは26日に南アフリカから到着した航空便の乗客61人が新型コロナ検査で陽性となり、このうち一部はオミクロン株の感染者とみられている。日本政府は27日、オミクロン株が確認された南アフリカをはじめとする9ヵ国を対象に、水際対策を強化すると明らかにした。

News 02

防衛費 初の6兆円超、7年で1兆円増

政府は11月26日、35兆9895億円の追加歳出を盛り込んだ2021年度補正予算案を閣議決定した。防衛関係費は過去最大の7738億円となり、当初予算の歳出額と合わせて初めて6兆円を突破した。22年度予算概算要求で盛り込んだ主要装備品を前倒しで新規購入するため。防衛省は、今回の補正と22年度予算を合わせて「防衛力強化加速パッケージ」と位置付け、日本の防衛力強化を求める米側に応える狙いもある。主要装備品の購入は通常、毎年度の当初予算に盛り込んでおり、補正予算で本格的に計上するのは極めて異例。財政法は補正予算について「特に緊要になった支出」に限ると規定している。

News 03

辺野古の変更申請不承認 沖縄知事

沖縄県の玉城デニー知事は11月25日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設計画を巡り、防衛省沖縄防衛局が埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に対応するため申請した設計変更を不承認とした。玉城氏は「完成の見通しが立たず、事実上、無意味な工事をこれ以上継続することは許されない」と強調。政府は対抗措置を取るとみられ、法廷闘争に発展する可能性が高い。27日には、辺野古沿岸に軟弱地盤が広がる問題について、埋め立てが始まる3年前の2015年の段階で、地質調査した業者から地盤に問題があると防衛省沖縄防衛局が報告を受けていたことが分かった。政府はこうした経緯を当時公表していなかった。

News 04

わいせつ保育士再登録 最大10年禁止

後藤茂之厚生労働相は11月24日の記者会見で、わいせつ行為で登録を取り消された保育士に関し、刑の執行後に最大10年、再登録を禁止する方針を明らかにした。来年の通常国会に児童福祉法改正案の提出を目指すとしている。現行制度は、刑事事件化した場合でも刑の終了から2年が経過すれば再登録できるが、新制度では最大10年にわたり禁止する。後藤氏は「保育士が再びわいせつ行為を行う事態はあってはならない」と述べ、再登録を厳格化する考えを示した。

News 05

相対性理論の手稿 15億円で落札

物理学者アインシュタインが一般相対性理論の確立へ取り組んでいた際に研究パートナーと計算式などを記した手稿が11月23日、パリでクリスティーズのオークションにかけられ、手数料を含め約1160万ユーロ(約15億円)の記録的高額で落札された。落札されたのは、アインシュタインと研究のパートナーで友人のミケーレ・ベッソが1913~14年に記した計算式など54ページ。複数の香港メディアは24日、落札したのは香港の著名実業家の李嘉誠氏と報道。一方、李嘉誠基金会はこの件について「コメントは控える」と伝えた。

News 06

新幹線 座席の濡れをAIカメラで検知

JR東海は11月26日、東京駅に到着した東海道新幹線のぞみの車内清掃に、サーモグラフィーカメラとAIを活用し、濡れている座席を自動で検知する装置を導入すると発表した。新幹線では東京到着時に、約1300席のうち、飲みこぼしなどで濡れている平均2席ほどを乾いた座席に取り換えているが、現在は濡れを検知するセンサーを組み込んだ小型ほうきで1席ずつ確認している。新装置では、清掃スタッフが立ったままサーモグラフィーカメラを座席に向けると、AIで座面の位置を認識し、周囲の温度差から濡れているかを判定。1両の全座席を撮影すると、濡れている座席の位置がスマートフォンに表示される。

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて