風
 
 
 
 
 
 
[知ることの価値と楽しさを求める人のために 連想出版がつくるWEB マガジン

新書に訊け!ニュースを「テーマ」で読み解く

毎日飛び込んでくるさまざまなニュース。その背景にまで興味が広がったら、まずは新書にあたってみよう。そこにはたいていのテーマが網羅されている。新書マップを使えば、ニュースを読み解くヒントが得られる。

NEW 18/01/15

News 01

首相、韓国の謝罪要求拒否 慰安婦合意

安倍晋三首相は1月12日、旧日本軍による従軍慰安婦問題に関する日韓合意を巡り、日本側に謝罪を求める韓国の文在寅大統領の新たな方針を拒否する考えを示した。官邸で記者団に「合意は国と国との約束であり、それを守るのは国際的かつ普遍的原則だ。韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは全く受け入れられない」と述べた。慰安婦問題を巡る韓国の対応について首相が見解を表明するのは初めて。文氏に合意の順守を強く求めた形だ。日本政府内では、韓国側の対応を巡り、不信感が拡大。今月中旬にカナダで開く北朝鮮問題に関する外相会合に合わせて日韓外相会談を調整しており、抗議する方針だ。

News 02

トランプ氏 南北対話中の軍事行動なし

韓国大統領府によると、文在寅大統領とトランプ米大統領は1月10日、電話会談した。文氏は9日に開催した北朝鮮との南北閣僚級会談の内容を説明し、トランプ氏は「南北間の対話が行われている間はいかなる軍事的行動もない」と述べた。両首脳は、南北対話が北朝鮮の平昌冬季五輪参加にとどまらず、核問題での米朝間の対話につながる可能性があるとの認識で一致した。トランプ氏は「適切な時期と状況で北朝鮮が望むなら、対話の窓は開かれている」と述べた。トランプ氏は、平昌五輪にペンス副大統領をトップとする代表団を派遣するとも表明した。

News 03

公文書管理 専門職養成へ職務基準書

国立公文書館が公文書管理の専門職「アーキビスト」養成に向け、職能要件を定めた職務基準書を策定したことが1月11日、判明した。職務遂行上の基本姿勢として、常に公平・中立を守るとともに、圧力に屈しない高い倫理観と誇りを持つように求めた。日本は欧米諸国と比べて公文書館の規模や職員数で大きく劣っている上、アーキビストに公的資格を付与する制度もない。国立公文書館は1年程度の周知期間を設け、2019年1月にも正式決定する。職員の研修カリキュラムなどに反映させていく方針だ。

News 04

マイクロビーズ製造を禁止 英国

英政府は1月9日、生態系への影響が懸念される微細なプラスチック粒子「マイクロビーズ」を含んだ製品の製造を同日付で禁止したと発表した。環境保護が目的で、英紙ガーディアンによると7月からは粒子が使用された製品の販売も禁じる。粒子は汚れや古い角質を落とす目的で洗顔料や歯磨き粉などの一部に添加されてきた。下水処理施設で回収されず河川や海を汚染し、粒子を食べた魚や貝の中に蓄積すると指摘され、環境団体などが使用禁止を訴えていた。ガーディアン紙によると、マイクロビーズは年に数千トンが海に流出。米国では2015年に製品への使用を禁じる法律が成立した。

News 05

ソニー 犬型ロボの新アイボ、12年ぶり

ソニーは1月11日、人工知能(AI)を搭載した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売した。2006年に旧製品「AIBO」の生産を停止し、ロボット事業から撤退して以来約12年ぶりの復活になる。この製品を核に、AIとロボットの融合に取り組む考えだ。販売台数は明らかにしていないが昨年3回行ったインターネット予約はすべて40分以内に受け付けを終了した。この日の販売は昨年11月1日に予約した人が対象で、次回は抽選で当たった人に販売する予定だという。

News 06

星野仙一氏が死去、70歳 中日一筋

プロ野球中日のエースとして「燃える男」、監督就任後は「闘将」と呼ばれ、2013年に楽天を率いて球団創設9年目で初の日本一に導いた星野仙一氏が1月4日に死去した。70歳。岡山県出身。楽天によると2016年7月に急性膵炎を発症したことをきっかけに膵臓がんであることが判明。昨年12月末に病状が悪化したという。星野氏は岡山・倉敷商高から明治大を経て、1969年にドラフト1位で中日に投手として入団。82年まで中日一筋でプレーした。74年に沢村賞。2017年に野球殿堂入りした。

気になるニュースや文章や言葉を入力して関連する情報を探そう

PAGE TOP
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.
著作権及びリンクについて